Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
人生の約束

映画「人生の約束」原案に書き下ろした小説らしい。

主人公・中原祐馬は、親友・塩谷航平と供に会社を立ち上げ大成功する。しかし、航平が企画した事業で失敗し、2人の意見は食い違い航平は会社を去る。しばらくして祐馬に何度もかかってきた航平からの無言の電話。最後の電話に嫌な予感がし、親友の故郷に行ってみると、すでに彼は亡くなっていた。

その故郷とは富山県新湊、「新湊曳山祭」が盛大に行われる。この祭りを通して、人々の"つながり"が描かれている。

この映画・小説では、"つながり"と言っているが、東日本大震災以来、日本全体でテーマになっている「絆」と言ったほうが分かりやすいだろうか。

 

このような盛大な祭りある地方都市は多い。「青森・ねぶた」「秋田・竿灯」「仙台・七夕」などの東北三大祭り。京都祇園祭、岸和田だんじり、徳島阿波踊り、などなど・・・。

今年春には浜松のお祭りを見に行ったが、大凧を町内ごとに挙げる景色には、すご〜く地元色を感じた。

 

私も地方出身者なので、地元の濃密な人同士のつながりはよくわかるつもり。でも、それが面倒で、つらくって、その町を出てしまう人の気持ちも良くわかる。私も「故郷は遠くにありて思うもの」になってるもんね。

 

映画では、主人公・中原祐馬は竹野内豊が演じているが、塩谷航平役はリストにない。映画は見ていないので、映画ではどう表現されているのかたのしみ。予告編では、ちらっと影だけ出ていたけれど、あまり全面には出していないのかな。

posted by: Michelle | Books | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:29 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://gogimama.jugem.jp/trackback/392
トラックバック