Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ユマニチュード入門
評価:
本田 美和子,ロゼット マレスコッティ,イヴ ジネスト
医学書院

 1月末に資格試験を受けたのですが、そのため、秋から映画を見たり、読書したりするのをやめていました。その時間を勉強に回すつもりだったのですが、それは気持ちだけで、実際に勉強に本腰を入れたのは、ひと月くらい前からで、何やってたんだろう・・・と反省しております。ほんとに、心の弱い人だなぁ・・・と。それでも、とにかく試験は終わったので、読書も映画鑑賞も解禁です。

ユマニュードとは、認知症の人に対する接し方です。サイトもありました。NHKなどでも紹介されたそうですね。

認知症・・・高齢者の四人に一人が認知症とも言われる現在。若い人は「認知症にはなりたくない」と思うのは当然でしょう。予防方などもいろいろ考えられていますが、それでも自分や家族が認知症になるかならないかは誰にもわかりません。もしも、自分や家族が認知症になったら、同接して欲しいですか?と、考えてみてください。
「なんでこんなこともわからないの!?」子供たちに叱られたいですか?

認知症の人にも、人格・感情はあります。いろんなことを忘れてしまって、とってもとっても混乱してしまうのです。ご家族が認知症になってしまったときには、それまで認知症の方と接したことがなければ、当然戸惑ってしまうでしょう。

ユマニチュードとは、「見る」「話しかける」「触れる」「立つ」を基本とした、認知症の人に接する「技術」です。
ごくごく当たり前の接し方だと、思いながら読みました。
それでも、人は感情ある生き物なので、日々認知症の人と接していると、忘れてしまったり、「わかっちゃいるけど・・・」と接し方を間違えてしまったりします。ときどき、こういう本を読んだり、勉強したりして、忘れていることに気付くことが大事だなぁ〜と思ったしだいであります。

認知症は、対岸の火事ではなく、本当に身近な問題なのです。超高齢社会が問題視されますが、高齢者が多いことが問題なのではないのです。それに対応できないことが問題なのです。
政府が「あれもしてくれない」「これもしてくれない」と文句を言うのは簡単ですが、一人一人が変わらないと、世の中変わらないのです。
「国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができてるかを考えよう」とは、ケネディー大統領の就任演説ですが、「国」=「人」です。特別なことではありません。「国」=「家族」なのですよ〜。
posted by: Michelle | Books | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:04 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://gogimama.jugem.jp/trackback/360
トラックバック