Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
サイド・エフェクト
 この秋、日本公開の映画。ひと足早く旅行中の飛行機で見ることが出来ました。

結婚と同時に夫が逮捕されてしまったエミリー。夫が服役を終え刑務所へ迎えに行く所から映画は始まる。
夫が戻るとエミリーに鬱症状が出始め、ドクター・バンクス(ジュード・ロウ)のところに通院するようになる。なかなか症状が改善されない彼女に、Dr.バンクスは新薬を処方する。
しかし服薬して程なく、エミリーは夫を殺してしまう。
裁判では、病気のせいだとされるが、徐々に新薬の副作用ではないかと世論が動いて行く。
新薬を処方したDr.バンクスは、パートナーが子供を連れて家を出て行き、仕事も失いかける。
彼は、エミリーの若い頃の主治医であるDr.Siebert(日本語でなんて書いていいか?)(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)にも協力を求める。
果たして、エミリーの事件は、病気のせいなのか? 薬の副作用なのか???
突き詰めて行くと、えぇ〜っ!!!という真実が! まぁ、それは見てのお楽しみです。

ジュード・ロウも相変わらずかっこよければ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズもお奇麗でした。

日本語の映画の公式サイトはこちらです。
posted by: Michelle | movies | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:19 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://gogimama.jugem.jp/trackback/323
トラックバック