Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
The Departed
評価:
レオナルド・ディカプリオ,マット・デイモン,ジャック・ニコルソン,マーク・ウォールバーグ,マーティン・シーン,レイ・ウィンストン,マーティン・スコセッシ,ウィリアム・モナハン
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 1,350
(2007-06-08)
日本語タイトル「ディパーテッド」

映画の舞台はボストン。そこで生活している者にとって、主人公の二人の育った町の名前を聞くだけで、どんな家庭環境で育ってきたか想像できてしまう。
犯罪者一族に生まれ、自らの生い立ちと訣別するために警察官を志すビリー(レオナルド・デカプリオ)と、マフィアのボス(ジャック・ニコルソン)に育てられ、忠実な“内通者”となるために警察官を目指すコリン(マッド・デイモン)。
現在は確かに過去の延長だ。それを断ち切る事は出来ないのだろうか。

ビリーは過去に決別するべく警察官になったのに、その過去ゆえにマフィアに送り込まれる。コリンはマフィア撲滅組織の一員となり、マフィアに情報を流すが、彼女に本当の事を話せなかったり、マフィアから離れたい気持ちもあっただろう。
どちらも、自分の過去を断ち切れない。そういう意味では、敵同士の二人だが、きっとお互いを分かりあえた部分もあるのではないかと思う。二人とも実際に立ち向かっていたのは「自分の過去」だったのだろう。
だからこそ、この二人が出会ったカウンセラーの女性が、二人の間で、もうちょっと何かしでかして、ラストはなんとか「正義と戦う」方向にもっていけるかなと個人的には思ったが、そうはならなかった。

かなりバイオレンス色の濃い映画で、なにもここで殺さなくても・・・と思う場面も多かった。ストーリー的に無理があるかなと感じたり、結局目的は何?なんて思ってしまう事もあったけど、目を手で覆いながら「これは映画」と言い聞かせながらも、楽しめる映画だった。
posted by: Michelle | movies | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 02:06 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック