Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
硫黄島からの手紙
評価:
渡辺謙,二宮和也,伊原剛志,加瀬亮,中村獅童,裕木奈江,クリント・イーストウッド,アイリス・ヤマシタ,スティーブン・スピルバーグ
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 2,480
(2007-04-20)
英語タイトル「Letter from Iwi Jima」

日本側からの視点で描かれた、第二次世界大戦時の硫黄島までの戦い。
その中には、西郷から妊娠中の妻・花子へ宛てての手紙、栗林中称の息子・太郎へ宛てての手紙が、時々ナレーションとして出てくる。
そして、何より印象深かったのが、捕虜として捕まったアメリカ人Samが持っていた母からの手紙だ。
日本の兵士の手紙は検閲され、少しでもネガティブな事が書いてあると、相手には届けられない。都合の悪い文面は、塗りつぶされたりする。でも、アメリカ人の母が描いた手紙には、「早く戦争が終わり、貴方が帰ってくるのを待っています」と書いてある。
素直に自分の思っている事すら書けなかった当時の日本。
でも、それは歴史の一部分、国民性・・・誰も悪くはないのだ。

この映画と対をなして、アメリカ側からの視点で描かれた「父親たちの星条旗」(英語タイトル「Flags of Our Fathers」)が作られた。
戦争と言う二国間の戦いは、必ずしも一国方向からの味方では判断出来ないのだと言う事だろう。
現在起こっている様々な争いも、両国とも「正義」として戦っているのだろうし。
posted by: Michelle | movies | 10:57 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:57 | - | - | - | - |