Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
相性
評価:
三浦 友和
小学館

いわゆるタレント本なのだけれど、この著者・三浦友和といえば、今でこそ「俳優」だけれど、しばらく前は未来を期待されたアイドル歌手・山口百恵の夫という肩書きが必ずついて回っていた。その山口百恵の結婚・引退があまりにも率直で印象深かっただけに、夫となった三浦友和の印象もやはり「山口百恵の夫」になってしまったのだろう。とは言え、山口百恵の全盛期を知っているのは私世代(はい、40代です)までで、今の子供達は知らないのでしょうけれど。

彼等が結婚してからすでに30年。マスコミに追いかけられと、ともすれば、離婚しかねないような状況だったのに、どうして「夫婦げんかを一度もしたことがない」と公に言える秘密をこの本から得られるかも。三浦氏いわく「相性」だと言うが、彼の「誠実」な性格と、彼女の「辛抱強さ」が夫婦円満の秘訣なのかなと思った。結局、その「相性」か。
いずれ、時間を経て、堂々と当時のことを振りかえり、あの超・アイドルだった妻を褒められる。それは彼がこの間、マスコミ攻勢に負けずに、俳優として頑張ってきたからこそだと思う。「男・三浦友和」だなぁ〜と感心した。

前にもどこかに書いたかもしれないけれど、私は「家族サービス」なる言葉が大嫌いだ。著者も家族サービスなんてしないで、一緒に楽しめばいいと書いている。マスコミに追いかけられて、子供達を公園にすら連れていけない時に、マスコミをまいて当時は単なる空き地だったお台場に遊びに行ったという。そんなささやかなことでも幸せだと感じられる気持ちが大事なのかもしれない。

posted by: Michelle | Books | 10:12 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:12 | - | - | - | - |
なかなか興味深いわ。山口百恵さんの本は、主人君が持っていて、読んだけど・・。そう言えば、Hydeの本買っちゃいましたぁ〜笑。
| つくし | 2012/10/16 11:13 PM |
山口百恵の「蒼い時」だよね。私も持ってた。中学生の頃かなぁ〜。懐かしい。
Hydeの本って、「THE HYDE」? 私はHyde時代を良く知らないので、なんともなぁ〜。
| Michelle | 2012/10/17 5:33 PM |
そう「the hyde」..
高いから、文庫本が出るの待とうとしたら、長男君が買ってくれました。集ってません!まぁ、生立ち、考え方が書かれてるって感じかな。
| つくし | 2012/10/17 9:27 PM |
つくしさん、若いわぁ〜。忘れなかったら、図書館ででも借りるかな。(笑)
| Michelle | 2012/10/25 3:15 PM |









この記事のトラックバックURL
http://gogimama.jugem.jp/trackback/298
トラックバック