Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
1Q84 book3
評価:
村上 春樹
新潮社

 book2とbook3を読んでから、1年以上経ってから読んだのですが、なんとか読み通せました。
book2とbook3は、知人から借りて読み、その後引越をしたので、借りる相手がおらず。でも、book3だけ買うのもしゃくなので、図書館で予約したのですが、なんと1年以上待ってやっと順番が回ってきました。

さて、このbook3は最後に大きな動きがあるにせよ、途中にはあまり動きがありません。
青豆ちゃんは、例外はあるにせよ、ずっとマンションの一室に隠れっぱなしです。
まぁ私にとっては、我慢して読むという感じでした。でも、いろいろな話が明かされるので、内容はあります。今後の動きにつながるような内容もあるので、現在村上春樹氏が執筆しているであろうbook4への期待が膨らみます。

内容について語ると、バレバレになるので、これで。
posted by: Michelle | Books | 19:47 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:47 | - | - | - | - |
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
| 藍色 | 2012/01/06 6:00 PM |
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
| Michelle | 2012/03/14 10:16 PM |









この記事のトラックバックURL
http://gogimama.jugem.jp/trackback/260
トラックバック
2012/01/06 5:58 PM
心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこに別の世界を作り上げていく。 「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうで...
粋な提案