Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
アリアドネの弾丸
 今年の夏ドラマにもなった、海堂尊氏の小説「アリアドネの弾丸」だ。

海堂氏の小説を読んでいる人には「螺鈿迷宮」の登場人物や「極北クレイマー」の話題も出てきているので、あちらこちらに考えが広がって行く話だが、テレビドラマだけしか見ていない人には、小説に出てくる登場人物を見ても「はて?」と思うだけだろうし、海堂氏が何気なく張り巡らせている謎解きのような物も理解出来ないかもしれない。
そう考えると、テレビドラマはそのような部分は除いて、至ってスッキリと仕上がっていたと思う。

内容的には、小説とドラマとではけっこう違う部分が多い。
だいたい被疑者として身柄を確保される人物が違う。また、宇佐見警視のキャラクターが全然違う。ドラマでは福士誠治さん・28才が演じているが、原作は自分の事を「ウラ」と呼ぶ訛りの強い中年男だ。

殺人の方法などは小説もドラマも同じだけれど、全体的にテレビドラマの方がストーリー的にはまとまっているかなと言う気がした。
小説は海堂氏自信が、あまりにもこれから書くであろう小説につなげようと意識しすぎたような気がする。
なぁ〜んて言いながら、きっとまた新しい小説が発表されたら呼んでしまうのでしょうけれど。すっかり、海堂氏の罠にはめられております。
posted by: Michelle | Books | 22:36 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:36 | - | - | - | - |
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2011/12/20 4:47 PM |
コメント&トラックバック、ありがとうございます。
藍色さんの読書量、半端じゃないですね。参考にさせて頂きます。
| Michelle | 2012/01/06 12:05 PM |









この記事のトラックバックURL
http://gogimama.jugem.jp/trackback/259
トラックバック
2011/12/20 4:43 PM
東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の...
粋な提案