Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Search
PR
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
移植医たち

谷村志穂・著の「移植医たち」を読んだ。

 

この本を読んでいた時期、オリンピック真っ最中だった。金メダル二連覇の羽生君が「色んなものを捨ててきた」と言ったことがとても印象に残っている。目指すものが大きければ大きいほど、捨てざるを得ないものが大きいのかもしれない。「それって、私が資格取得試験の時に家事をやるのを捨ててきたのと同じ」と私が妙に共感していたら、夫から「それは違います」と訂正が入ったが。

冗談はさておき、この小説の中の医師たちも、あらゆることを犠牲にして臓器移植で人の命を繋ぐことを目指してきた人たちだ。

 

登場するのは錚々たる医師たち。モデルとなってる医師もいるそうだ。

アメリカのピッツバーグ大学のDr.セイゲルの講演に魅了され、自らもアメリカに渡り移植の研究をし、日本に臓器移植を根付かせようとした佐竹山医師。Dr.セイゲルの元で助手を務めるDr.サカイ。

自身の父も医師だったが、ある理由で日本を追われ、アメリカで育った加藤女医。

日本からアメリカに渡った、古賀医師、大木医師、などなど・・・。一人一人が素晴らしい腕と人間性を持っている。

 

日本の臓器移植はとても遅れている。それは頭でっかちで閉鎖的な医師会のせいもあるかもしれないが、日本人特有の宗教観や倫理観も影響していることは否めない。今でこそ脳死判定や臓器提供が行われているが、認可されたのはつい最近のことだ。

未だにドナーを求めて海外に出かける日本人がどれだけいることか・・・。成功して命を繋ぐことができた人は、本当に少ない。

 

この物語の中で、長年アメリカで移植の研究をしてきた佐竹山医師が日本で移植を根付かせようと決意した場面が出てくる。

ボストンシンフォニーで日本人の小澤征爾が指揮をしているのを知って、自分もコンダクターになろうと思ったのだと。実は、ちょうどその頃、私自身もボストン近郊に住んでいた。20年ほど前のことだ。まだあの頃、日本での臓器移植は珍しいことだったんだと改めて思った。当時、ボストンには日本からの医師の留学が多かった。あの頃知り合ったお医者さん達が、今現在日本で活躍いていることだろうと頼もしく思う。

 

日本に帰国してからの佐竹山医師は、大変苦労する。それでも、「徒労とは思ってはならない。きっといつかわかってもらえる時が来る」と言い聞かせながら講演会などを続ける。

また、マスコミからも移植とは全く関係ないところで記事にされ追いかけ回される。腐ったマスコミの性質って今も変わらないなぁ・・・と思ったりして。

この小説とは関係ないけれど、昨年からの不倫報道。くだらない!!! 逐一報道する方も見る方も、どんだけ暇なの?と思う。芸能人や政治家が不倫をして騒がれているが、不倫なんて本来は当人同士の問題でしょう。他人の浮気なんて関係ないじゃん。仕事は仕事なんだから、仕事をしっかりやっていればいいじゃん!と思ってしまったりもする。でも、自分の夫が不倫してたら絶対に許せないわけだけど。

 

戦後人間の平均寿命はかなり伸びた。昨年のデーターによれば、女性87.14歳 男性80.98歳だそうだ。その原因として医学の進歩が挙げられる。しかし、それは統計的なもので、個々としては寿命云々は関係なく、早く亡くなってしまう人もいる。その家族の悲しみは計り知れない。

 

この物語の大半はアメリカでの研究が舞台だ。アメリカの大学は、学びたい者には広く門を開いてくれるところだと思っている。私は学びたい人間ではなかったので、周りから見るだけだったけれど・・・(笑) 確かに学費はメチャクチャ高くて、日本の比ではないけれど、優秀であれば優秀であるほど、学費を免除してくれる策はいくらでもある。さらに、絶対的に人が多く、多人種でもあるせいか、「聞く耳」を持っているような気がする。保守的な部分もあるが、日本のように閉鎖的ではない。パイニアが生まれる国だなぁと痛感する。

 

そういえば、この物語の舞台になっているピッツバーグ大学で働いている医師が昔の知り合いにおりました。元気かなぁ。

また、以前感動した「最後の授業」のランディ・バウシュ氏が教鞭をとっていたカーネギーメロン大学もピッツにあった。何度か車で通り過ぎたことがあったけれど、立ち寄ってみればよかったかなぁ・・・と思ったりする。

 

個人的にも色々思い出すことが多くて、久しぶりに読み込んでしまった小説でした。

posted by: Michelle | Books | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フィードバック

図書館の新刊コーナーで見つけた、矢月秀作・著「フィードバック」

 

引き込もりのでくの坊・湊大海と、クソ生意気な学生・一色そう太郎との共同生活・・・と言う感じ。今の世の中、そんな人たちは山ほどいる。ちょっと電車に乗っただけで、アイツもコイツもこの小説の登場人物に当てはめることが出そうだと思ってしまう。

 

大海の家にそう太郎が住むことになり、駅に迎えに行くところから始まる。そこで、些細なことから言い合いになる。ただ、相手が悪かった。大企業に勤める町井。親の七光りそのもので、それを自分が偉いかのように周りの人間を恫喝して利用している。その周りの人間も小物ばかり・・・はじめはね。

物語が進むにつれて、それぞれのそれまでの生い立ちなどが絡んで来る。人はやっぱり生まれた時に人間が決まるわけでは無いし、いつでもやり直せるのかなと思ってみたりする。まわりの人たちの暖かさ、実は嫌っていた家族から受け継いでいたもの。否定しても否定しきれなかったり、それを受け入れた時に、やっと自分らしく生きられたりする。

 

ちょっと怖いところもあるけれど、読み終わるとスッキリ爽快! そんな小説でした。

posted by: Michelle | Books | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
恋のゴンドラ

東野圭吾の「恋のゴンドラ」だけど、東野圭吾じゃなくても書けるんじゃない?という感じ。

なんの前知識もなく読み始めたので、いつかゴンドラから誰かが突き落とされるんじゃないか・・・なんて思って読んでしまった。結局、東野圭吾らしからぬ(なんて言ったら失礼かな?)恋愛小説だった。

 

とはいえ、チャラ男がどうやって婚約者にバレずに他の女の子をものにするか?がチラ見えする。「不倫」の話があちゃらこちゃらで騒ぎ立てられている昨今、ちょっとムカつく奴らだったりする。

この「不倫」とか「浮気」なんてものは、当人にとっては問題だけど、とかく世の中がどうのこうの言う問題ではないと個人的には思っていますが。

とにかく、この「恋のゴンドラ」は、サクッと軽く読める小説ではありますが、心にやましいものを抱えているチャラ男くんたちには少々痛く突き刺さるものがあるかもしれませんね。

posted by: Michelle | Books | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アナログ
ビートたけし(北野武)が、以前も紹介したように吾郎ちゃんの番組「ゴロウデラックス」で紹介されていた「アナログ」を読んだ。

携帯などで連絡を取り合うことが当たり前の世の中、木曜日の夕方「ピアノ」というカフェで会うことしか連絡手段がない二人の話。恋愛小説と言いながら、主人公を取り囲む友達二人や母、職場の同僚などなど、そんな人たちとの関係もなかなかどうして「いいなぁ」とは思わずにいられない。

さすがビートたけし(北野武)だけあって、友人二人の会話は漫才師さながらの面白さで、大笑いしてしまった。
逆に、ちょっとセンチメンタルな表現なんかは、本当にビートたけし(北野武)が書いたのかな??と思ったりして。ごめんなさい。

そうそう、前紹介した「杏のふむふむ」の中で、ある年代の人は「たけ」と名のつく人を「たけちゃん」と呼んでいるというようなことを書いてあった。私もその一人で、「たけ〇〇」と名のつく人は、ほとんど「たけちゃんマン」と呼んでしまう。何人かいると、周りの人はどのたけちゃんマンだか混乱するらしい。気をつけねば・・・。それにしても、「オレたちひょうきん族」は面白かったなぁ〜と、懐かしんでしまう。(笑)
posted by: Michelle | Books | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
杏のふむふむ

女優でモデルの杏ちゃんのエッセイ「杏のふむふむ」を読んだ。

 

歴史が好きで読書家なのは有名だし。今やハリウッド俳優である渡辺謙の娘であることも有名だ。

 

そんな彼女のエッセイの印象は「かわいい」だった。(笑) 若くしていろんな人と出会って、いろんなことに抜擢され、それを丁寧にこなして来たんだなぁと思った。

 

色々苦労したこともあるらしいけれど、今は素敵にママさんだ。今後の活躍を期待したい。

posted by: Michelle | Books | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あのひと

北野武の「あのひと」を読んでみた。

 

先日放送された稲垣吾郎の「コ ゙ロウ・デラックス」に北野武が出ていて、最新版の小説を紹介していた。北野武の作品は映画も含めて今まで一作も見た(読んだ)ことがなかったので、ちょいと読んでみようかなと思って図書館に予約したら、古い作品なのですぐ届いた。 彼自身のことかなと思える部分も多々あり、なかなか面白かった。

 

私は、「ひょうきん族」世代(笑)なので、たけちゃんマンとしての彼を見ていたので、その頃の話は面白かった。彼が子供だった頃の話は、そんな時代もあったのねぇ〜と思ったが、そんな時代から現代まで、日本がものすごいスピードで経済的に豊か何なったんだなぁと変なところで感心してしまった。 日本の高齢化のスピードも他の国とは比にならないくらい早かったけれど、今後のこの国の衰えも超スビードのような気がして心配・・。

posted by: Michelle | Books | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コンビニ人間

2016年の芥川賞受賞作品の「コンビニ人間」を読んだ。

 

子供の頃から一風変わったキュラクターで、いろんな言葉や行動を封印してきた主人公。でも、コンビニ店員というマニュアルの中でなら、何の迷いもなく行動することができた。

おそらく彼女は、自閉症とかその中の何かに分類されてしまうタイプの人間なのかもしれない。普通の人(「普通」と分類される人たち)なら迷わずに行動できるところをいろいろいろいろ考えてしまう。でも、きっと普通の人(「普通」と分類される人たち)でも、無意識の中で考えているのかもしれないし、本当は考えて行動しなければいけないのかもしれない・・・なんて思ってしまった。

そんな彼女に、普通の人なら起こり得ることが起きた。そしたら、周りは大騒ぎ・・・。つまりは、周りの人はやっぱり彼女を「普通」とは思っていなかったんだ。

とかいうことを、ぐるぐるぐるぐる考えながら読んでみました。

posted by: Michelle | Books | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
清掃はやさしさ

一時期あちこちのテレビ番組で引っ張りだこだった新津春子さんの「清掃はやさしさ」

彼女の生い立ちから、清掃員の仕事につくまでも書いてあります。

 

彼女の父は、中国残留孤児であったために、中国でも日本でもいじめを受けたそうです。それでも、いろいろな人と出会い、まっすぐに生きてきて現在に至っています。今現在に不満があるならば、それを変えようと努力すればいいし、変えられないのであれば立ち向かうしかないのかなと思った。何事があっても、俗に言うと「くさっちゃいけない」と思いました。

 

「掃除は『ついで』にやりなさい!」の方は、掃除の手順などについてのHow to本でした。

 

さ、今日もしっかり掃除しよう!・・・かな? 笑

posted by: Michelle | Books | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
成田屋の食卓

十二代目市川團十郎の妻である堀越希実子さんが著者の「成田屋の食卓」

ご自宅の食生活が中心の話しではあるが、そこから日々の生活がかいま見える。食事よりも何よりも、仲の良いご夫婦だったんだなぁ・・・と言うのが一番の感想でした。

 

先日亡くなったばかりの市川海老蔵の妻の小林麻央さんの話も出てくる。

「一緒に台所に立っては、成田屋の流儀や味を少しずつ覚えてもらっています。」「麻央ちゃんは天ぷらが上手です。一番得意なのがエビのてんぷら」とある。

 

麻央さんがブログを始めてから、ずっと読んでいた。海老蔵さんのブログもリンクが貼ってあるので読んだりしていて、やっぱり心のどこかで彼女の回復を望んでいた。結局、現実は厳しかったのだけれど・・。

2人のブログを読んでいると、話題がリンクしていたりして、「お互い思いやりあってるなぁ〜」とある意味羨ましかったり、「でも、ブログに書いてないこともあるんだろうなぁ〜」とか・・・いろいろいろいろ思っていた。病気だったから出来たことも多々あるかもしれない。今は、ただただ、麻央さんが母として子供のこれからの人生を一緒に歩めないと思うと無念だろうなぁと思ってしまう。

今、麻央さんが亡くなってから、海老蔵さんがブログを更新しすぎだとか批判している人もいるけれど、批判するなら読まなければいいし、人それぞれ自由だと思う。まぁ、その批判を言うのも自由なのかもしれないけれど、人を傷つけるような自由はダメでしょ。それでも、役者として堂々としていられる海老蔵さんは強いなぁと思う。そして、正直で、ある意味天然なんだなぁと。

今後のお子様達のまっすぐな成長と成田屋の発展を願っています。歌舞伎も見に行ってみたいなぁ〜。

 

と、本の感想では無くなってしまったけれど、歌舞伎の世界の舞台裏をちょっとだけ感じられる本です。はい。

posted by: Michelle | Books | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ふとる性格やせる生活―最先端医学による知的ダイエット法
ふとる性格やせる生活―最先端医学による知的ダイエット法は、千葉大学医学部の肥満症外来の医師達が書いたものだ。 太るというのは、単純に身体から出て行くものよりも、入るものの方が多いという理由からなる。そうは分っていながら、出来ないのが人間であり、その理由が一人一人のパーソナリティーから来るもので、カウンセリングをして患者の心の病も治して行かなければならないのではないかということだ。 性格を4つに分類して、それぞれの対処方法についても書かれている。 そりゃ、ごもっとも・・・と思いつつも、「分っちゃ居るけどやめられない」と言うのも本当のところだ。あ〜、痩せたい。笑
posted by: Michelle | Books | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |